10科目が1日で

看護師資格は、国家資格ですので、厚生労働省医政局監修の国家試験です。保健師助産師看護師法の第18条に基づいています。

受験資格は、
1.文部科学大臣の指定した学校教育法に基づく大学において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業した者その他3年以上当該学科を修めた者。
2.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、「指定学校」において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者。
3.文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、「指定養成所」を卒業した者。
4.免許を得た後3年以上業務に従事している准看護師又は高等学校若しくは中等教育学校を卒業している准看護師であって、指定学校又は指定養成所において2年以上修業した者。
5.外国において看護師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)から(3)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。
6.経済上の連携に関する日本国とインドネシア共和国との間の協定に基づき、日本語の語学研修及び看護導入研修を受け、研修の終了後、病院において看護師の監督の下で国家資格取得を目的として就労している外国人看護師候補者で、厚生労働大臣が(1)から(3)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。
7.経済上の連携に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定に基づき、日本語の語学研修及び看護導入研修を受け、かつ、研修の終了後、病院において看護師の監督の下で国家資格取得を目的として就労している外国人看護師候補者で、厚生労働大臣が(1)から(3)までに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者。
8.保健婦助産婦看護婦法の一部を改正する法律(昭和26年法律第147号)附則第8項に規定する者。
上記受験資格のうち1.~4.及び6.~7.については、厚生労働大臣が指定する期日までに修業が見込める者も該当します。

また一つの方法としては、放送大学の活用もあります。基本的に放送大学の学習だけでは、看護師国家試験の受験資格は得ることはできません。しかし准看護師資格を持ち10年以上の経験がある人であれば、一定単位を取得することで資格を得ることが可能です。

試験科目は、
1.人体の構造と機能、2.疾病の成り立ちと回復の促進、3.社会保障制度と生活者の健康、4.基礎看護学、5.在宅看護論、6.成人看護学、7.老年看護学、8.小児看護学、9.母性看護学、10.精神看護学となっており、試験は1日ですべてが行われます。

<参照サイト> 
ウィキペディア、看護師国家試験学習支援ツール。
過去問題と演習は、看護師国家試験.Com, 看護師国家試験対策のアプリ、東京アカデミーなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です