看護師になる方法

看護師になるには法律で定められた必要な教育を受け、国家資格試験に合格し、護師免許を得る必要があります(准看護師は都道府県知事免許)。
まずは、この看護師になる方法を准看護師、正看護師と見ていきましょう。
認定看護師の資格を持つ、ベテラン看護師さんが詳しく解説しているサイトがあるので、そちらも参考に。詳細>>

【准看護師になるには】
一日でも早く、看護の仕事に就きたい場合、准看護師になるのが一番早いです。
准看護師とは、都道府県知事による試験に合格し免許を得てなるのですが、仕事としては、医師、歯科医師、看護師の支持を受けて患者(傷病者や、産褥婦)に対する看護、または診療の補助をなすことなっています。そうはいうものの、実際の現場では正看護師とやっていることはほとんど同じです。

*コース
・中学卒業→准看護師学校(2年)→准看護師試験(合格)→准看護師中学卒業→5年一貫教育でない高等学校衛生看護科(3年)→准看護師試験(合格)→准看護師
という2年間のコースが一番早いコースです。
・中学卒業→5年一貫教育でない高等学校衛生看護科(3年)→准看護師試験(合格)→准看護師
これは次に早い3年間のコースです。
・高校卒業→准看護師学校(2年間)→准看護師試験(合格)→准看護師
というのが中学卒業後一番長い5年間のコースとなります。

【正看護師になるには】
*最初から正看護師を目指す方法
・中学卒業→高等学校衛生看護科(高校3年+専攻科2年の5年一貫教育)→高校で3年間学び卒業→准看護師都道府県知事試験(合格)→准看護師→専攻科で2年学び卒業→看護師国家試験(合格)→看護師
・高校卒業→看護専門学校(3年、定時制は4年間)→看護師国家試験(合格)→看護師
・高校卒業→看護師短大(基本的に3年間)→看護師国家試験(合格)→看護師
・高校卒業→看護系大学(4年間)→看護師国家試験(合格)→看護師
最近ではこのコースを選ぶ人が増えています。

【准看護師から正看護師になるには】
・中学卒業→准看護師都道府県知事試験(合格)→准看護師→3年以上の実務経験(高卒者は実務経験不要)→看護師学校養成所(2年課程)→看護師国家試験(合格)→看護師
・中学卒業→高等学校衛生看護科(高校3年+専攻科2年の5年一貫教育)→高校で3年間学び卒業→准看護師都道府県知事試験(合格)→専攻科で2年学び卒業→看護師国家試験(合格)→看護師
となります。
・10年以上実務経験のある准看護師→看護師学校養成所2年課程(通信制)→看護師国家試験(合格)→看護師

准看護師は正看護師に比べ、給与が低く、昇進ができないなどの制限があり、今後准看護師制度が廃止される動きもあるので、准看護師コースを取る人は減少傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>